Arrogate と California Chrome、Pegasus World Cupで再戦か!?

これまでドンHという名前で行われてきた、
米ガルフストリームパーク競馬場の名物G1が、
来年からは、
ペガサスワールドカップに様変わりして
大々的に行われることが、
今夏明らかになったが、
昨日行われた、BCクラシックの勝者、
Arrogateと、
California Chromeの再戦が
そこで見られるかもしれない。


今季、DWCを含む6戦6勝、
2014年の2冠馬のCalifornia Chromeと、
前走のトラヴァースSで、
プリークネスS馬Exaggerator、
ベルモントS馬Creator、
(今度日本で種牡馬になる)
らをレコードタイムでちぎって捨てたArrogate。


この2頭が激突したクラシックは、
まさに2頭のマッチレース。
逃げるCalifornia Chromeに対し、
追うArrogate。
Arrogateが計ったように差し切って優勝。
今季無敗のCalifornia Chromeを退け、
米最強3歳馬に上り詰めたArrogate。

この2頭が出走すれば、
ペガサスワールドカップの目玉は間違いなし。
何せ1枠1億円(=100万ドル)と言われる
12枠の出走権は完売。
ダートのドリームレースとなりそうだ。
社台Gでもトレードして、
1頭出してみると面白いかも。
でも日本の馬じゃないと、
海外馬券売れないんだよなー惜しい

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...