J2 第42節 ロアッソ熊本VSアビスパ福岡

昨日はJ1の優勝がかかった大一番、
首位の浦和とG大阪。
浦和は勝てば2試合を残して優勝。
その大観衆の埼玉スタジアムで、
またしてもガンバは後半終了間際に2発で勝利。
浦和との差を2にまで縮めた。
残り2試合。
次節、浦和が負けるようなことがあれば、
また混沌としてくる。

そして今日はJ2の最終節。
J1昇格プレイオフに進出できるチームが決まる。
我がロアッソは勝敗は関係ないが、
同じ九州の福岡が相手の九州ダービーだ。
試合前にはホームのアビスパ福岡による、
MF藤本の引退セレモニーも行われ、
これは粋な計らいだと感じた。

小野監督は、最終戦で大胆にDF陣を変えてきた。
J特別指定の野田がJリーグ初スタメン。
そしてSBにはベテラン藏川。
愛媛戦でJ初ゴールを決めた嶋田も
引き続きスタメンとなった。


試合は、そのベテラン藏川の先制弾で幕を開けた。
すると今度は、元ロアッソの福岡CB堤が、
まさかのオウンゴールで2-0。
しかしこのまま終わらないのが福岡戦。
前半ロスタイムに1点を奪われ、
2-1で折り返す。

次の1点が大きな意味を持つ後半。
決めたのはFW澤田だった。
後半開始早々に相手を突き放す3点目。
これで余裕が出たロアッソは、
FW巻、MF藤本を投入し、
そのまま3-1で逃げ切って勝利。
勝ち点54の13位で今季全日程を終えた。

気になるJ1昇格プレイオフは、
千葉が逆転の3位、磐田4位、北九州5位、山形6位でフィニッシュ。
規定により北九州はプレイオフに参加できないため、
磐田VS山形の勝者と、千葉が決勝を争うことになる。
そしてカターレ富山がJ3に降格。
讃岐が、長野とのJ2入れ替え戦に臨む。
オフになれば、
選手の契約更改が気になるところ。
興味は早くも来年の陣容だけど、
選手をはじめ、スタッフ、関係者の皆様、
本当にお疲れさまでした。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...