シルクHC 東京TC 2021 ○外募集馬 配合診断

6月に入り続々と20年産の募集馬が発表されている。
社台Gに続いては、シルクHC(動画)と東京TCで募集馬が発表された。
というわけで今年もおなじみ○外、持ち込み馬の配合診断を
使うのはおなじみのTrue Nicksと、G1StallionMatch
で、Frankelをはじめとする一部のヨーロッパ繋養種牡馬は、
True Nicksでは選択できませんのであしからず。

シルクHCの3頭から
Via Firenze'20(牝、父Almanzor)


診断はD。

セラドン'20(牝、父Mendelssohn)


診断はA+。
本馬はコパノキッキング(牡、父Spring At Last)の半妹。
同馬の活躍を経てNFが導入に動いた。


G1SMによる適性は、
古馬になってから千二で活躍するようだが、
それ以前に勝ち上がれるかが疑問。
牡馬ならよかったが...

Jet Setting'20(牡、父Showcasing)


G1SMによる適性は、
2歳時に一瞬という感じ。
父Showcasingの産駒は社台TCでも募集されているが、
そちらも微妙なので、まあ推して知るべし。

東京TCからは1頭。

Inflamed'20(牝、父Tapiture)


配合はA。


G1SMによる適性は、
古馬になってからマイル戦線で大成できれば・・・
本馬も2歳~3歳春までに勝ち上がれるかという点に疑問符
父はTapit系ということで主戦場はダート。
マル外牝馬は避けるのが吉だろう

コメント