エイスノート 福島へ転戦

レネットと入れ替わるように帰厩した本馬。
脚元が気になるところだが、
テキの判断で戻ってきた。
2018.11.01
エイスノートは、11月1日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、11月17日(土)福島・3歳上500万下・混合・ダート1150mもしくは11月18日(日)福島・3歳上500万下・ダート1150mに予定しています。
・高橋調教師 「牧場での様子を確認して11月1日(木)に厩舎へ。まだ脚元が万全とは言い切れぬ模様ながら、あとは手元に置いて調整したいと思います。コース形態が合いそうなのに加え、恐らく相手関係にも恵まれるはず。福島の最終週を目指しましょう」
本来はレネットに福島で走って欲しかったが、
エイスノートが福島を目指す様子。
相手関係は1枚落ちるが、
輸送を考慮した仕上げが必要だろう。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...