2018年は、ダート王の産駒に注目!

SS系でありながら、スマートファルコン、エスポワールシチー、
コパノリッキー、ゴールドドリームと
ダート王を数多く輩出するゴールドアリュール。
今回は2017年募集馬からダート向きの産駒に注目してみたい。
ちなみにスマートファルコンとエスポワールシチーは同期で、
BCクラシックにも挑戦したエスポのGI9勝(うちJpnI7勝)に対し、
NRA中心に走ったスマファルはGI6勝(うちJpnI5勝)。

まずはエスポワールシチー産駒の3頭から。

オージーカンパニーの2017(牡、ワラウカド)
募集価格 1,200万円 / (美)加藤厩舎


体高159.0cm 胸囲177.0cm 管囲20.6cm 馬体重477kg
母高齢がネック。

ディアンサスの2017(牡、友駿HC)
募集価格 1,000万円 / (美)田中厩舎


体高156.0cm 胸囲179.0cm 管囲20.5cm 馬体重437kg(6月測定)
わざわざ入会するかと言われると...

エイシンバンバの2017(牡、グリーンF)
募集価格 ???万円(200口) / (美)新開厩舎


体高156.0cm 胸囲176.0cm 管囲20.5cm 馬体重456kg
200口なのはうれしい。

続いてスマートファルコン産駒の4頭。
(スウィープデビル2017は確定ではないが、確度は高いので載せておく)

チャーチクワイアの17(牡、サンデーTC)
募集価格 1,800万円(40口) / (美)新開厩舎

テールバインダーの2017(牡、YGGオーナーズクラブ)
募集価格 1,200万円(1000口) / (栗)高橋康厩舎


アンソロジーの2017(牝、キャロットC)
募集価格 1,000万円(100口) / 厩舎未定


体高152.5cm 胸囲177.5cm 管囲20.0cm 馬体重481kg
牝馬なのにトモの筋肉がすごい。

スウィープデビル2017(牡、ロードTO)
募集価格 ???万円 / 厩舎未定


体高154cm 胸囲177cm 管囲20.5cm
後脚の付き方がなんか嫌だ。

なぜこれらの馬に興味を持ったかというと、
安いし、ダート向きと分かり切っているから。
また、仮にJRAが頭打ちになってもNRAという手がある。
特にエスポは福島で新馬勝ちを2頭(ホールドユアハンド、ジョウラン)出し、
GFの地方募集馬から兵庫ダービー馬コーナスフロリダも出した。

どの馬も馬格は問題なし、
個人的にはエスポ>スマファルなので、
いくならワラウカドのエスポ、次がGFのエスポかな~

今年は社台SSからレックススタッドに都落ちしたスマートファルコン、
優駿SSのエスポワールシチー、
ブリーダーズSSのコパノリッキーと、
繁殖牝馬を争う状況になっている。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...