凱旋門賞、今年も牝馬に阻まれる

昨年は同期のダービー馬マカヒキ(栗・友道)が、
ニエユ賞をステップに挑戦したもの敗退。
今年は菊花賞・有馬記念を勝った
サトノダイヤモンド(栗・池江)が挑んだ第96回凱旋門賞


結果はご存知の通り、
3歳牝馬のイネイブルが圧勝。
春は英・愛の牝馬クラシックとキング・ジョージ、
そして秋の大一番、凱旋門賞を制し、
今年のヨーロッパ年度代表馬は当確だろう。


それにしても、
昨年のファウンド(BCターフ、凱旋門賞)といい、
その前のトレヴ(凱旋門賞2連覇)といい、
今年からセックスアローワンスが0.5kg減らされたが、
ハンデをモノともせずに勝ちきるあたり、牡馬顔負けである。

ふがいないのは日本の2頭。
サトノダイヤモンドとサトノノブレスだ。
揃って出た前哨戦、フォワ賞でも敗れ、
シャンティーの馬場適性には疑問符が持たれていた。
本番は巻き返すだろうと期待されていたが、
想像以上に壁は高く、そして厚かった。
ステップレースを勝って、本番ダメならともかく、
そもそもステップレースですら勝てないのでは、
本番は推して知るべしである。


去年も感じたことだが、
やはり、エルコン、オルフェ、ディープら
年度代表馬級でなければ無理なのだろう。
戦前はロンシャンよりシャンティーの方が、
チャンスがあるという向きもあったが、
結局は2年連続で2ケタ着順に敗退している。
展開・馬場不問くらいの強さでなければ難しいだろう。
来年はどの馬が挑むのか...

0 件のコメント :

コメントを投稿