勝己氏、Dixie Smile 2015 を落札

今年に入り、
海外の主だったセールとして、
アメリカのOBSセール、Barretts3月セールが終了したが、

先日のInglisイースターイヤリングセールで、
日本の吉田勝己氏が、
近親にテスタマッタ(父Tapit)がいる、
父Tapitの牝馬、
Dixie Smileの2015(Lot 109)を
30万ドルで落札した。


これまで南半球産馬の募集は、
キャロットCで行われたのは記憶にあるが、
やはり半年遅産まれのハンデは大きい。


ロットネスト(せん、父Redoubt's Choice)、
アクアピューラ(牡、父Fusaichi Pegasus)、
ファントムクォーツ(牡、父Galileo)、
ユールフェスト(牝、父More Than Ready)、
リバイヴエンブレム(牡、父ウォーエンブレム)ら、
いずれも成功したとは言いがたい。
(一口馬主DB調べ)

ただキンシャサノキセキみたいな例もあるので、
こればかりは何とも言えない。
金額的にクラブの追加募集の可能性もなくはないが、
時期的にキャロットCはないだろう。
あるとすればシルクHCか。
おそらく和美さん名義で走るんじゃないかと思われ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...