G1StallionMatch でFrankel産駒をチェック!(特別編)

先日のモーリスが勝った天皇賞の後に行われた
ストレイトガールの引退式。
同馬の廣崎オーナーは、
Frankelと交配させるために
渡英させると語っているらしい。
その話がホントかどうかはおいといて、
例によって、
昨年も実施したJUDDMONTE FARMのHPからのツール、
G1 Stallion Matchで、
早速Frankelとの配合をチェックしてみたい。

それによると、
Frankel産駒ではないものの、
Frankelの父Galileo産駒の女傑Minding(G17勝)に
配合的には近く、
産駒の適距離はやはりマイルから2,000mになりそうだ。


ちなみに昨年コチラで紹介した
高点数を叩き出した馬5頭は、
グッドウッドマーチ'14(ファヴォーラ)は未出走
スタセリタ'14(ソウルスターリング)は2戦2勝
インランジェリー'14(馬名未登録)
ミスエーニョ'14(ミスエルテ)は新馬勝ち
イルーシヴウェーヴ'14(馬名未登録)
現在、このような結果となっている。

Frankel云々と言うのは、
そもそも以前広尾TCがやっていた、
コチラのキャンペーンに端を発していると思うけど、
果たして本家広尾TCでは、
この夢を実現できるのでしょうか・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...