トロワフィーユ 近況(4/17)

今週、北海道では産地馬体検査が行われた。
いよいよ2歳馬が、
デビューに向けて入厩する。
そんな中でも、
我が厩舎の未出走馬トロフィも、
いよいよ入厩。
まずは公式HPの近況を。
【4月17日】
本日、栗東トレセンに帰厩しています。
「前回の入厩時はスムーズでしたが、慣れ親しんだこちらの環境を離れるのがイヤだったのか、今日は馬運車への乗り込みをゴネて20~30分かかりました。甘えている場合ではないんですけどね。以前よりは自身として前進が見られる状態になっていますので、今度こそ厩舎のペースアップにも辛抱してくれるのではないでしょうか」(岩崎担当)
「追い切りを重ねていって馬体が減ってこないか、体力的に我慢が利くかどうかなど、まだ心配な面もありますが、時期も時期ですし、今回は何とかデビューまでうまく持って行ってあげたいところです」(藤原英調教師)
というわけで、
デビューに向けて再始動。
とはいえ過剰な期待はできない。
やっと15-15を乗っているくらいでは、
未勝利組を相手に、
戦えるのか疑問。
ただ一度使ってみないと、
分からないのも確か。
メンツを考えて新潟か、
輸送を嫌って京都か。
まずは時計を出してからだな~

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...