ソフトバンクの思惑

いよいよ、明日からスタートのMNP。キャリアの予想以上に利用者がいるということで、各社顧客の囲い込みに躍起になっているようだ。
最大シェアのDoCoMo、2位のKDDI、3位のソフトバンクモバイルの順位が変わることはないだろうが、特にKDDIはシェア30%を狙う。現在15%程度のソフトバンクモバイル(旧Vodafone)は、いかにして顧客を逃さないかが鍵だろう。発表会で孫氏が触れた"隠し玉"が気にはなるが・・・
なんせ新しく始めたプランのスーパーボーナスははっきり言って不評である。2年間端末の機種変更ができない。今時2年間同じものを使う人などマイノリティーだ。概ね年に2回のサイクルで新製品が出る昨今では、とてもじゃないがこの縛りは不利。前段階での統計を見ても利用者がKDDIに移行するのは避けられそうもなく、シェアを落とすのは確実と見ていたが、ここへきて26日から基本料金を他社より値下げした新料金体系を打ち出すようだ。果たしてこれがどう影響するか?
結局、端末の発表は最後になったDoCoMoだったが、ラインナップを見れば一番だったと思う。筆者は、友人がDoCoMoの代理店にいる関係でDoCoMoを利用しているが、au(KDDI)に目移りしそうな今日この頃である。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...