A・イニエスタ、楽天マネーでV神戸に電撃入団

バルサの心臓、スペインの至宝、
現スペイン代表MF、元FCバルセロナMFのアンドレス・イニエスタが、
ヴィッセル神戸に入団することが発表された。
(FCバルセロナ側の発表はコチラ)

まあイニエスタについては、
散々語りつくされていて今更語ることもないだろうが、
FWメッシ、スアレスらの活躍を中盤で支えているのは、
紛れも無くイニエスタがいればこそ。

今年からFCバルセロナの胸スポンサーになった楽天。
その楽天が掲げる世界戦略に必要なのは、
少なくともV神戸がACLに出場することがマストだ。
そのためには、J1で3位以内か天皇杯で優勝するしかない。
その切り札がイニエスタという訳だ。


32億円とも言われる桁外れの年俸だが、
もちろんV神戸にそんな余力はないので、
一説には三木谷オーナーの個人マネーによるものだろう。
またバルサ時代の背番号「8」をつけるために、
画策しているとも聞く。

たしかに自身の代名詞の「8」をつけたイニエスタは見たいが、
Jリーグの規定を変える必要があるとのことで、
こちらはどうだろうか。
とにかく、ACLで躍動するイニエスタを見たい。
そうなれば、魅力的にMLSに劣るといわれるJリーグが、
もう1段上のステージに上がれるはずだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...