ロードセレリティ 徐々にピッチ上げ

朱雀Sに向かうセレリティ。

徐々に調教のピッチも上がってきそうだ。

ただ、追い切りで遅れをとったのは、

正直がっかり。


2017.05.10

ロードセレリティは、5月10日(水)重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.5-54.2-39.4-12.7 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の外を1秒3先行して0秒2遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。5月27日(土)京都・朱雀S・混合・芝1400mに藤岡佑介騎手で予定しています。

・高柳調教師 「5月10日(水)は先導役を務めています。少し促せば楽に追い付いたはずですが、最後まで余裕を残す形。また、左側を噛んで右へモタれる面は許容範囲でしょう。鞍上の選定を行なった結果、実戦でも跨ったことのある藤岡佑介騎手に決まりました」

≪調教時計≫

17.05.10 助手  美南W重       69.5 54.2 39.4 12.7(7)馬なり余力 遅れも余裕残し

         メロウハート(3歳未勝利)末強目の外1秒3先行0秒2遅れ


遅れた相手はメロウなので微妙なところ。

また、レースでの鞍上は佑介に決定。

かつて未勝利戦で2着だったが、

ここで借りを返してもらおうかな

0 件のコメント :

コメントを投稿