エルカミーノレアル 伸び脚なく

小崎Jrで臨んだ一戦。
やはりというか、
位置取りに差が出てしまった。
テンは先行集団の直後につけていたが、
徐々に後方4,5番手に後退。
さすがに外、外を回されてはかわいそうだった。
エルカミーノレアル 17.04.08
スタート後に好位を奪えず、中団後方からの競馬。4角より外めを回り、直線で差を詰めにかかりましたが、結果8着での入線となっています。
「もっとスタートを決めて、好位で競馬をしたかったものの、思うようなポジションが取れませんでした。どうも内が開きそうになかったため、包まれるよりはと思ってジワッと外めに出して直線を迎えたわけですが、いい脚を一瞬しか使えない馬だけに、あの位置からではちょっと厳しくなりました。勝ち馬は内から抜け出したことですし、本馬もできれば内を回した方がいいタイプ。結果論にはなりますが、もっと内にこだわったほうが良かったのかもしれません。この馬の一瞬のいい脚を活かすためには、やはり好位からロスなく進めて行く形が理想ですから…。しっかり乗り込まれていましたので、そこまで久々の感じはなかったです」(小崎騎手)
◆脚の使いどころが難しい馬だけに、理想の形に持ち込めなかったのが悔やまれますが、すべては展開や流れがあってのこと。直線1ハロンの伸び脚は健在でしたし、再び賞金圏内に入ってくれましたので、ここから改めて巻き返しを狙っていければと思います。なお、このあとは、叩いた上積みをもって4月23日(日)福島11R 福島中央テレビ杯(1000万下・芝1200m)への続戦が第一希望。しかしながら優先権がない状況ではさすがに厳しくなりそうですので、帰栗後の馬の様子と相談しつつ、その他の選択肢もピックアップしておく必要がありそうです。(HTC)
ただ、時計的には0秒6差。
着順ほどは負けてはいない。
続戦できればいいが・・・
次は息子を乗せるのは止めて欲しい。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...