エルカミーノレアル 状態は上向き

広尾唯一の出資馬、
もう平地では望み薄か-
と昨年秋には障害転向も噂されていたレアル。
エルカミーノレアル 17.01.11
UPHILL在厩。おもに坂路にてハロン17秒ペースのキャンター1本を消化。週2回の15-15を乗り込まれています。馬体重523kg(1/10測定)
「元々筋肉質の馬ですから、見た目こそ大きく変わらず立派に映りましたが、ここにきて、ようやく心身ともに内面が上向いてきた様子。気持ちが入ってくれば、自ずと体が絞れてきますし、筋肉の質量が良くなれば、脂肪が燃焼しやすくもなります。今朝の動きも良好でしたので、今後はいいサイクル、流れを生み出していけることでしょう。この調子で速めの本数をこなし、態勢を整えていければと思います」(木村マネージャー)
これまでのコメントでも、
復帰したら平地と障害の
どちらを目指しているのか分からなかった。
個人的にはもう一度平地でもいいかと...

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...