B2 第14節 熊本ヴォルターズVS西宮ストークス

交流戦がスタートし、
もう4節目。
序盤のFE名古屋戦、東京Z戦こそ、
うまく乗り切ったが
前節で群馬に敗れて連勝がストップ。
何とか1勝1敗のタイに持ち込み、
今節の相手はNBL時代からの盟友西宮。
さて2017年初戦の結果は...

第1Qはほぼイーブンの入り。
2Qではダブルスコアでリードを拡げる。
後半に入ると、
このままでわ終われない西宮が、
圧力を強め盛り返す。
迎えた第4Q。
点の取り合いとなったものの、
要所を締めたヴォルターズが、
77-84(18-21,9-17,17-13,33-33)
で逃げ切って2連勝。
今年の初勝利を決めた。

このまま連勝といきたいヴォルターズだが、
そうは問屋が卸さない。
前半から飛ばす西宮に対し、
16ポイントのビハインド。
後半3Qで巻き返しを図る。
4Qで意地を見せたものの、
前日から修正してきた西宮の前に屈して、
80-66(21-14,17-8,25-20,17-24)
で敗退。
群馬戦に続いて1勝1敗のタイで終えた。

交流戦に入り、早くも2敗したが、
次の相手は中地区最下位の奈良。
すっきり勝って弾みをつけたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...