エルカミーノレアル 近況(4/9)

いよいよ今週はクラシック第1弾、桜花賞。
と言ってもオレには無縁の世界。
出るためには、少なくともこの時期、
3勝もしくは2勝+重賞2着、
という条件を満たさないと厳しい。
レアルはそこまではいかないにしても、
2歳で2勝したのは出資馬として初。
夏の降級までに何とかもう1勝して欲しい。
というわけで今週の近況を。
【4月9日】
UPHILL在厩。坂路にて、おもにハロン16~18秒ペースのキャンター2本を消化しています。
「『今月末の帰厩』(調教師)から逆算し、今週末より15-15を開始する予定。これまでも目に見える疲れはなかったものの、ひと頃少しこじんまりと映っていた体を大きく見せるようになってきたということは、ここにきて本来の調子や雰囲気が戻ってきているのかもしれません。引き続き、よりフレッシュな状態で送り出すことを心掛けていきたいと思います」(木村マネージャー)
芝1400mの橘Sなどもあるが、
ここは慎重に葵Sを目標に。
坂のある東京、中京、中山は苦手っぽいので、
この選択はいいと思う。
夏場になればスプリント戦も増えてくるので、
頑張って欲しいところやね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...