佐藤賢一 「小説フランス革命」

小説フランス革命の最新刊、
第二部としては2冊目となる
「共和制の樹立」
が昨日発売された。

6冊目が発刊された時点で休刊(第一部完)となり、
約1年半のブランクを経て、
今年の6月末から第二部がスタートし、
残り6冊がまた3ヶ月おきに刊行となった。
公式HPも今年の夏にリニューアルしてた。


元々、第一部までは全巻集めていたんだけど、
休刊になるということで、
待ちきれずに
一旦全てヤフオクで売り払ってしまった。
その後、約1年経って文庫化され、
(6冊が9冊になった)
また四六判で7巻以降が発刊されているというわけだ。

佐藤賢一という作家を知らない人のために、
ちょっと説明しとくと、
'99年に「王妃の離婚」で直木賞を受賞した、
れっきとした直木賞作家で、
フランス史ベースの小説では有名。
オレもほとんど読んでいるが、
岩波文庫分は未読。
世界史に興味のある人にはぜひオススメ。

P.S
また読みたいけど、
もう第一部の流れ忘れちまったよ~
今更文庫揃えるのもな...

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...