各クラブのキズナ産駒の価格帯比較

函館2歳Sをビアンフェ(牡2歳、母ルシュクル)が勝ち、
好調な滑り出しを見せているディープインパクト産駒のキズナ。

※写真はノースヒルズHPより転載

NF産(キャロットCで募集)のエピファネイアのダービー戴冠を阻んだ同馬は、
ノースヒルズ産の出自のせいかどうかは分からないが、
社台SS繋養種牡馬でありながら、NF系クラブでの募集はそう多くない。
要するにハブられているわけで、むしろ日高系クラブでの募集が多い。

4,000万円~(1頭)

ライフフォーセールの18(牝、4,500万円) シルクHC 半姉ダノンファンタジー(阪神JF)

3,500万円~(2頭)

ポルケテスエーニョ2018(牡、3,800万円) DMMバヌーシー
ヒカルアモーレの18(牡、3,600万円) キャロットC

3,000万円~(2頭)

バスラットアマル18(牡、3,400万円) 広尾TC
アンティフォナの18(牡、3,000万円) シルクHC

2,500万円~(5頭)

ダークサファイアの18(牡、2,800万円) サンデーTC
ラックビーアレディトゥナイトの18(牡、2,800万円) サンデーTC
ルミナスパレードの18(牝、2,600万円) サンデーTC
*リュヌドサーブルの18(牡、○○○万円) ロードTO
*フェリスの18(牡、○○○万円) ロードTO

2,000万円~(5頭)

カメリアローズIIの2018(牡、2,400万円) ワラウカド
アップワードスパイラルの2018(牡、2,200万円) ワラウカド
ポリネイターの18(牝、2,000万円) 社台TC
ライカート18(牡、2,000万円) 東京TC
オールドパサデナの2018(牡、2,000万円) グリーンF

1,500万円~(3頭)

セルフプリザヴェーションの2018(牝、1,800万円) ワラウカド
アルマシャウラの2018(牝、1,800万円) NWR
フリーバード2018(牡、1,800万円) ユニオンOC

1,000万円~(4頭)

ウィンドハックの18(牝、1,400万円) 社台TC
ジャスティシア2018(牝、1,300万円) ターファイトC
マドレボニータ2018(牝、1,200万円) ユニオンOC
ナイアード2018(牝、1,000万円) ユニオンOC


*ロードTOは未発表のため、予想

主戦場のロードTOが、
キンカメ系種牡馬(Lカナロア、ドゥラメンテ、リオンディーズ)が多く、
ちょっと食傷気味なので、
個人的に気になっているのが、ワラウカドの3頭。
代表のハリー曰く、キズナ産駒のブレイクを予想し意識して多くつけたのだとか。

ただ、キズナも、エピファネイアも自身のクラシック適性とは裏腹に、
短距離での勝ちあがりが多いのが気がかり。
(マイル以上の中距離となると、やはりディープ直仔が強い)
個人的には短距離上等なので、それはそれでアリかな。

コメント