ロードノエル 仕切り直し

こちらノエルは、ラウレアほどペースは落としていない。
少なくともキャンターは乗れている。
厩舎内の馬房争いが激しいのは分かっていたが、
やはり、いつでも動ける状況でないと厳しいか。
2018.12.04
ロードノエルは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。
・当地スタッフ 「11月28日(水)より管理を任される形。ひとまずは輸送熱等の症状にも見舞われず、落ち着いた雰囲気を保っています。慣れない環境下でゲート練習に取り組んだだけに、それなりに疲れも溜まっているはず。様子を見ながら負荷を高めましょう」
こちらもデビューは年明け。
負荷を上げて進めてもらいたい。
そもそも調教で音を上げるくらいなら、
レースで通用する訳ないしね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...