エイスノート 不良馬場も完敗

台風24号が接近している中での競馬。
内の偶数枠と絶好のポジションを引いたが、
肝心の馬場が不良馬場。
これがどう影響するか-
2018.10.01
エイスノートは、9月29日(土)阪神7R・3歳上500万下・混合・ダート1200mに藤岡康太騎手53kgで出走。16頭立て4番人気で2枠4番から平均ペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒4差の3着でした。馬場は不良。タイム1分11秒2、上がり36秒2。馬体重は8kg減少の472kgでした。
・高橋調教師 「相応のペースで淡々とした流れ。もう少し3コーナーで溜めが利けば、ラストで更に伸びたかも知れません。ただ、外から人気馬が来ていたので・・・。あの場面では引けないでしょう。走り方を含めて前回よりも確実に良化していた・・・と言うのが藤岡騎手の感想。最後まで止まっておらず、頑張っていると思います。短期放牧でリフレッシュさせ、その上で次走へ向かう方針」
≪2018年9月29日 阪神7R 3歳上500万下(混) ダ1200m 不良 16頭≫
1着エッシャー     57 幸  1.10.8    (  1・1・1)35.9 478kg+2kg
2着ヌーディーカラー  55ルメール1.10.9 1/2  (  9・4・4)35.8 458kg-8kg
3着エイスノート    53藤岡康 1.11.2 1.3/4(  2・2・2)36.2 472kg-8kg
ゲートをポンと出てJKは前目に。
馬場の影響かペースが速い。
これでは持たないと思ったが、
以外に粘る。しかしそれ以上に粘ったのが勝ち馬。
57kgを背負ったまま逃げ切り。
ルメールにも差し切られたが、今回は十分かな。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...