熊本のマンション事情 その41

ネタとしては、6月頭の時点で出来上がっていたのだが、
5月半ばから入院していたせいで、紹介が遅くなってしまった。
というわけで3物件をまとめてご紹介。

個人的に、水前寺駅~大江周辺はよく通るのだが、
住宅地の真ん中に突如として、
MJRの物件が登場したのには驚いた。

MJR新大江
(中央区、MJR)

託麻原小学校に近い、
6階建て28戸の小規模物件。
南にJRが走っているが、水前寺駅まで歩くには遠いか。
ただ、閑静さを重視するなら悪くない。
竣工は2019年6月。

そしてこちら。
向かいの熊本整形外科病院に入院していたので、
着工の時から気になっていた中規模物件。

オーヴィジョン九品寺
(中央区、エストラスト)

実は当の病院は今後移転予定。
繁華街に出るには電車通りまで歩くか銀座橋を渡るかだが、
いずれも微妙な距離で、むしろ熊本駅方面に通勤する人向きといえる。
交通量が多く、間取りも約4割が2LDKと
ファミリー層にはおすすめしない。
竣工は2020年1月。

一転して、こちらは東区の物件。
しかも筆者の地元。
場所は肥後銀行託麻支店の裏になる。

オーヴィジョン御領
(東区、エストラスト)

銀行前の道は通勤時間帯は高確率で渋滞する。
また近くにFoodyOneがあるが、
鶴屋系列で価格帯が比較的高めで、
みやはらに行くなら住宅街を抜け道を通ることになる。
ここより東に分譲マンションはないので、どうしてもという人向け。
7階建て49戸の小規模物件。
竣工は2019年2月。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...