2018 FIFA W杯 日本、ベスト8入り逃す

ベスト8入りを賭けたベルギーとの一戦。
日本は、GLの第1、2戦と同じスタメンで臨んだ。
対するベルギーもイングランド戦とはうってかわってベストメンバー。

前半から相手攻撃陣の脅威に晒されるものの、
0-0で凌ぎゲームプランとしてはまずまずの日本。
意外にも先制したのは日本だった。
柴崎からのパスを受けた右サイドの原口が、
切れ込んでシュート。
GKクルトワも届かないゴール左隅に決まり、1-0。
そして4分後、
今度はPA付近で受けた乾が、
ゴール左隅に狙い済ましたゴールで、
まさかの2-0とリードする。


これで目が覚めた赤い悪魔。
フェルトネンのラッキーなゴールで2-1とすると、
5分後には途中交代のフェライニがヘディングを叩き込み
2-2の同点。
ここでたまらず西野監督が動く。
柴崎を山口、原口を本田に替えて勝負を賭ける。
そして迎えた後半ロスタイム。


本田のFKはクルトワの正面。
そしてそこからベルギーのカウンター。
一転して後手に回った日本は、
シャドゥリに振り切られ、
まさかの逆転ゴール・・・

日本悲願のベスト8入りは延長戦突入を前に潰えた。
一言で言えば惜しかった。
日本のプランは延長戦をどう戦うかだっただろう。
その一瞬の隙を突かれた失点だった。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...