2018 FIFA W杯 日本、2大会ぶりのベスト16入り

現在開催中のワールドカップロシア大会。
今大会H組の日本、
1勝1分けの勝ち点4で迎えた第3戦の相手はポーランド。
実はFIFAランク8位で、実力的には最も上位の相手。
セネガル、コロンビアに2連敗し、決勝トーナメント進出は絶たれているだけに怖い存在。

一方、日本は2戦を終えてG組首位だが、負ければ決勝トーナメント進出は厳しくなる。
果たして、西野監督はどう迎え撃つのかー
と思ったらコロンビア戦、セネガル戦のスタメンから
何と6人を入れ替えた布陣。


試合は0-0のイーブンで勝負は後半に。
しかし、初先発のFW岡崎が負傷で大迫に交代。
そして59分、ついに均衡が破れる。
FKからポーランドに先制を許し、一転してグループリーグ敗退の危機。

日本が敗れ、コロンビアvsセネガルがドローなら日本は敗退してしまう。
しかし74分、コロンビアが先制し、2位通過の可能性が復活。
だが、セネガルの結果に関わらず確実に決勝トーナメントに進出するには、
最低でもドローでなければならない。


意地を見せたいポーランドに対し、攻めあぐねる日本。宇佐美に替えて乾を投入。
日本とセネガル、どちらが先に追いつくか、追いついた方が2位通過となる状況。
そして3枚目のカードは何と長谷部!


この時点から攻撃を放棄した日本は、
大ブーイングを浴びながらAT4分を凌ぎ、
試合には敗れたものの、今大会から導入されたフェアプレーポイントでセネガルを上回り、
決勝トーナメント進出。
2大会ぶりの3回目のベスト16入りを決めた。


それにしても、もし、セネガルが同点に追いついていたら、
日本はグループリーグ敗退していたのだから、西野采配は完全にギャンブルだったと思う。
コロンビア様様と言ってもいいだろう。
とにかく結果が全て。次のベルギー戦も頑張ってもらいたいね

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...