ケイアイF、新たに米G1馬を導入

先ほど終了したファシグティプトン11月セールで、
ロードTOの母体、ケイアイファームが、
繁殖牝馬1頭を落札した。

Hip No.213 La Coronel(Colonel John×Listen)
落札金額 150万ドル


母リッスンとあるので、
あのNFの牝系かと思ったが、どうやら違うようだ。
あちらは父Sadler's Wellsの2005年生まれ。
こちらの母は父Chester Houseの2002年生まれで、
QE2世CS(G1)の勝ち馬。


Lexie LouはFrankelの牝馬を産んだが、
本馬もCatch a Glimpse同様、
海外で種付けを行なってから輸入のパターンだろう。
ロードカナロアのお相手になるのか分からないが、
クラブで募集されるのか、
ダノックス行きなのか分からないが、
楽しみではある。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...