ロードTO 輸入牝馬の繁殖成績

さて、先日はケイアイFが300万ドルで、
カナダ年度代表馬のキャッチアグリムスを落札した
ことをお伝えしたが、
昨年もレキシールウを100万ドルで落札している。
というわけで、
今日はこれまでロードTOが導入した
輸入繁殖牝馬の成績を調べてみた。
  • ジャズキャット(1997) 2000年輸入 ロードヴァンドール(OP)
  • サッカーマム(2000) 2005年輸入
  • ワンフォーローズ(1999) 2006年輸入 レディアルバローザ(G3)、キャトルフィーユ(G3)、エンジェルフェイス(G3)
  • アンビナウン(2000) 2006年輸入
  • エイトディズアパート(2004) 2007年輸入
  • サスーン(2004) 未輸入
  • インディアナギャル(2005) 2011年輸入 ダノンプレミアム(G3)
  • キャサリンオブアラゴン(2008) 2012輸入
  • グラシャスギフト(2009) 2012輸入
  • ウッドランドドリーム(2002) 2013年輸入 Snow Fairy(G1)
  • スピニングワイルドキャット(2009) 2013輸入 ダノンスマッシュ(2歳OP)
  • ニンフェアアルバ(2007) 2014輸入
  • シティトゥシティ(2007) 2015輸入
  • ハリケーンフラッグ(2007) 2015輸入
  • パーフェクトトリビュート(2008) 2015輸入
  • ワイルドココ(2008) 2015輸入
  • ハーフムーンII(2010) 2015輸入
  • レキシールウ(2011) 未輸入
  • キャッチアグリムス(2013) 未輸入
こうしてみると、当たりと言えるのは、
初年度からレディアルバローザを出した、
カナダ年度代表馬ワンフォーローズくらい。
先日ようやくインディアナギャルが
2歳重賞勝ち馬を出したのみ。
要するに母が良血でも、
重賞勝ち馬はおろかOP馬を輩出することすら
かなり難しいということが分かるだろう。

結果は10年スパンで見る必要があるかもしれない。
かつてノーザンテースト(NT)1強から、
トニービン(TB)、ブライアンズタイム(BT)を経て、
サンデーサイレンス(SS)の全盛期となった。
そしてそのSSの仔、ディープインパクトも既に15歳、
ディープの次の時代、
群雄割拠となるのか、社台Gの栄華が続くのか-

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...