ニューワールドレーシング 40口募集も

広尾TCの会員はよくご存じかと思うが、
ハナズの冠号でおなじみのマイケル・タバート氏。
そのタバート氏が今年設立した共有馬主クラブ
ニューワールドレーシング
そのニューワールドレーシングが、
今冬から、40口募集を行うことが明らかになった。
募集馬は以下の8頭。
  1. Queen of Spainの2016(牡、父Frankel) 募集総額14,000万円(1口350万円) (栗)池江
  2. Nausicaaの2016(牝、父Frankel) 募集総額12,000万円(1口300万円) (栗)矢作
  3. ユニバーサルの2016(牡、父ディープインパクト) 募集総額8,000万円(1口200万円) (栗)矢作
  4. レディインラヴの2016(牡、父オルフェーヴル) 募集総額3,600万円(1口90万円) (栗)松田
  5. ピースヴィクトリアの2016(牝、父ダイワメジャー) 募集総額2,000万円(1口50万円) 厩舎未定
  6. タカノベンチャーの2016(牝、父ルーラーシップ) 募集総額1,800万円(1口45万円) (栗)松田
  7. レンヌルシャトーの2016(牝、父ルーラーシップ) 募集総額1,400万円(1口35万円) (栗)笹田
  8. マキノスペシャルの2016(牝、父エイシンフラッシュ) 募集総額1,400万円(1口35万円) 厩舎未定
Frankelの仔からエイシンフラッシュの仔まで、
価格にずいぶん差があるようだ。
ちなみにFrankelの産駒の動画は、
タバート氏のInstagramで少し公開されている。
既に馬主資格を持っているオーナー向けの
10口募集はスタートしているが、
小口となるこちらは我々一般向けと思われる。
詳細は12月に発表とのことだが、
12月募集でどのくらいの会員が集められるか・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...