エイスノート 操縦性の改善を

同期とともに千葉ケイアイF在厩のエイスノート。
10月に入ったが、
まだ入厩の兆しは見えてこない。
2017.10.03
エイスノートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「今のところは脚元や背腰等は大丈夫。以前から指摘していた右側へモタれる部分が多少気になるぐらいです。ただ、その点についても操縦性の改善を図る目的でトライアビットにハミを変更。普段から跨っているスタッフは一定の効果を得ています」
ハミ受けが改善されてくれば、
入厩も見えてくるだろうか。
何とか年内入厩して欲しいが・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿