第97回 天皇杯 3回戦 ロアッソ熊本VS浦和レッズ

前日に、
ロアッソとの試合に進退を賭けるとまで言った、
浦和のペトロヴィッチ監督。
望み通り引導を渡してやろうじゃないの。
かといってロアッソも主力は休ませることを選択し、
両チームとも大いにメンバーを入れ替えた一戦となった。

浦和のキャプテンはなんと梅崎。
主力級でスタメンだったのはCBの遠藤のみ。
ロアッソもターンオーバーしているが、
浦和のそれとは異なり、
こちらは1.5軍の選手層。

序盤から浦和ペースなのは想定内。
ある程度ボールを持たれるのは仕方ないが、
それでもよく守っていた。
スコアレスのまま前半を折り返すかと思われた
前半AT。
浦和にFKを与えたロアッソ。
蹴るのは遠藤。


まさかのゴール右隅に決められ均衡が破れてしまう。
後半に入っても押される展開は変わらないが、
ゴールを奪わなければ勝てない。
結局0-1で浦和に逃げ切られて敗退。

そもそもシュート2本ではどうしようもないが、
惜しかったのは、
齋藤のクロスをドフリーのFW林が外したシーン。
あれが決まっていれば、
延長、PKまで行けば大金星もあったかもしれない。
まあ、そこがJ1とJ2の違いといえばそれまでか。

J1以外でベスト16に残ったのは、
AC長野パルセイロ、筑波大、松本山雅FCの3チーム。
優勝すればACL出場の権利が与えられる。
何とか頑張ってもらいたいね。
ロアッソは心おきなくリーグ戦に集中できるだろう。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...