B2 第25節 熊本ヴォルターズVS愛媛オレンジバイキングス

B1昇格プレイオフに出るためには、
最低でも2位に入る必要がある。
もう1敗もできない状況の中、
愛媛との対戦に臨んだ。

まずは初戦。
第1Qを取って、
このまま行けるかと思いきや、
2Qで愛媛に逆転される。
5ポイント差を追う後半。
ディフェンスが機能し、
3Qを3ポイントリードで終える。
4Qに入っても、
愛媛にペースを握らせず、
66-77(16-23,26-14,12-20,12-20)
で勝利。
首の皮1枚繋がった。

そして第2戦。
1Qから愛媛の猛攻にさらされる。
2Qで落ち着いたが、
またしても11ポイントのビハインド。
3Qで2ポイント差まで追い上げるも、
4Qには一転、
愛媛に突き放されて、力尽き
86-77(31-18,13-15,16-25,26-19)
で敗れ一歩後退。

一方、西地区首位攻防戦となった、
島根VS広島の一戦は、
島根の連勝がついにストップ。
お互い1勝1敗のドローの痛み分け。
広島との差を詰める絶好のチャンスだったが、
差は埋まらず順位は変わらず。

次の島根戦で敗れた時点で、
おそらく終戦となるだろう。

0 件のコメント :

コメントを投稿