J2 第42節 ロアッソ熊本VSセレッソ大阪

J2は最終節まで、
優勝争いがもつれる大混戦。
J2優勝とJ1自動昇格を札幌、清水、松本が争い、
J3降格を金沢と北九州が争う。
前節にJ2残留を決めたロアッソは、
プレイオフ進出を決めているC大阪との最終戦に臨む。

日本代表の山口蛍の他、
元日本代表の柿谷が今試合で復帰。
J2屈指のタレントを擁するセレッソに対し、
一歩も引かないロアッソ。

特にFW杉本に関しては、
いつゴールを割られてもおかしくない状態だが、
何とか踏ん張る守備陣。
ロアッソもエース清武の直接FKが、
クロスバーを直撃し、
先制のチャンスを逃すも、
0-0で前半を終える。

2016/11/20 J2
第42節
【スタジアム】キンチョウスタジアム
【入場者数】11,452人
【天候】曇一時雨 20.7℃ 75%
【主審】塚田 健太
【副審】松井 健太郎/高寺 恒如
【第4の審判員】野田 祐樹
セレッソ大阪10-00ロアッソ熊本
1-0

丸橋 祐介□
杉本 健勇□
杉本 健勇●
酒本 憲幸□
3'
22'
45+1'
80'
85'
□キム テヨン

後半に入っても、
セレッソの攻勢は続く。
そして80分、杉本のシュートがついに、
ロアッソのゴールを割り失点。
ロアッソもFW巻を投入し、
同点ゴールを狙うがそこまで。
残念ながら今季最終戦は黒星に終わった。

これで今季全日程を終了。
ロアッソは勝ち点46の16位。
残念ではあるが、やむをえない部分もあるだろう。
J2優勝は札幌となり、
2位の清水までがJ1復帰。
J1昇格プレイオフは松本、C大阪、京都、岡山の4チームで争う。


そしてJ3逆転優勝の大分が、
来季はJ2に復帰する。
そして北九州はまさかのJ2最下位でJ3降格。
これは予想できなかったね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...