J2 第41節 ロアッソ熊本VSFC岐阜

ロアッソ熊本のホーム最終戦。
相手はJ2入会同期のFC岐阜。
3節終了時には暫定首位にも立ち、
プレイオフ圏内かと思われたが、
熊本地震の後、
順位を落とし、まさかの残留争いの渦中へ。
J3降格圏真っただ中ということで、
何としても負けられない一戦だ。

ロアッソは片山がSBに復帰し、
現時点のベストメンバー。
一進一退の前半。
一瞬の隙を突いて、
がら空きの右サイドに展開した
園田からの折り返しを
エース清武がきっちり決めて先制。

2016/11/12 J2
第41節
【スタジアム】うまかな・よかなスタジアム
【入場者数】6,306人
【天候】曇 21.5℃ 43%
【主審】上村 篤史
【副審】山村 将弘/森川 浩次
【第4の審判員】大矢 充
ロアッソ熊本11-00FC岐阜
0-0
清武 功暉●

村上 巧□
35'
53'
74'
90+4'

□田代 雅也

□→■田代 雅也

後半に入っても岐阜のエース、
レオミネイロに仕事をさせず、
虎の子の1点を守りきったロアッソが、
勝ち点3を手にし、
ギリギリのところでJ2残留を確定。
試合後のセレモニーでは、
池谷社長のほっとした表情が印象に残った。

しかしJ2リーグを見てみると、
優勝チームはまだ決まっていない。
清水が怒涛の8連勝で、
松本を得失点差で抜き去り自動昇格の2位に浮上し、
首位札幌をピタリとマーク。
自動昇格の2枠を札幌、清水、松本が争う。
一方で残留争いは、
FC岐阜、北九州、金沢の3チームに絞られた。

と、いいたいところだが、
札幌の最終節の相手は実は金沢。
普通に考えれば札幌が勝つだろう。
つまり札幌がJ2優勝し、
金沢がJ3降格する。
残るはAWAYでのC大阪との最終戦!
最後まで頑張って欲しいね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...