J2 第40節 ロアッソ熊本VS京都サンガ

J1は福岡、湘南、名古屋の降格が決まり、
J2の昇格争いもいよいよ大詰めだ。
自動昇格の2枠が混沌となっている。
札幌と松本が依然として優位だが、
3位の清水にもチャンスはあり、
この3チームのいづれかがプレイオフに回ることになる。
昇格プレイオフは残る3枠。
C大阪、京都サンガ、岡山が優勢か。

一方ロアッソは降格圏に片足はまりそうな状態。
最終節がC大阪との試合ということもあり、
勝ち点は計算できない。
となると、
本試合と岐阜のホーム2試合で僅かでも積み上げたい。

さてプレイオフを当確させたい京都。
前半から攻勢に。
前半12分、イヨンジェに先制ゴールを許すと、
14分にも被弾しあっという間に
2点のビハインド。
これで目が覚めたかロアッソ。
少しずつ歯車が回り始める。

2016/11/06 J2
第40節
【スタジアム】うまかな・よかなスタジアム
【入場者数】5,686人
【天候】晴時々曇 24.7℃ 42%
【主審】塚田 智宏
【副審】金井 清一、清野 裕介
【第4の審判員】先立 圭吾
ロアッソ熊本10-22京都サンガ
1-0




齋藤 恵太●
12'
14'
72'
77'
86'
●イ ヨンジェ
●山瀬 功治
□石櫃 洋祐
□エスクデロ 競飛王

それでもゴールが遠いロアッソ。
FW巻の投入で流れが変わる。
ロングボールに巻がつぶれ役となることで、
こぼれ球を拾ってサイドへ展開。
そして77分、
その流れから齋藤が押し込んで1点差。
終了間際に清武にFKのチャンスがあったが、
僅かにゴールの上。
残留確定はならなかった。

さて、降格争いだが、
得失点差で最下位の金沢とブービーの北九州。
この2チームとの差は勝ち点6だが、
残り2試合、岐阜に敗れるようなことがあれば
まだ分からない。
まさに絶対に負けられない戦いだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...