J2 第31節 ロアッソ熊本VS愛媛FC

天皇杯2回戦で、
東京ヴェルディに大敗し、
リーグ戦に集中できる状況になったロアッソ。
しかし、このところの連戦では、
4連敗を喫するなど、
守備陣の建て直しは急務。
普通なら解任されてもおかしくない
清川監督だが、
状況が状況だけに、そうもいかないのだろうが。

さて、AWAYの愛媛戦。
CBには小谷が初先発。
セレッソ大阪からのレンタルということで、
ちょっと期待。
しかし試練は開始早々訪れた。
立ち上がりの前半2分、
ゴール前のクリアミスをつかれ早くも失点。
今回も逆ボーナスステージか?
と思ったが、ゲームはここから引き締まった展開に。
前半をこの1失点に抑え、
味方の反撃を待つ。

2016/09/11 J2
第31節
【スタジアム】ニンジニアスタジアム
【入場者数】2,955人
【天候】 晴 25.9℃ 70%
【主審】清水 修平
【副審】伊東 知哉/福岡 靖人
【第4の審判員】池田 一洋
愛媛FC11-00ロアッソ熊本
0-0
内田 健太●
茂木 力也□

白井 康介□
2'
26'
68'
87'
90+4'


□清武 功暉

□藏川 洋平

しかし後半に入っても拙攻が目立ち、
なかなかゴールネットは揺れない。
1点が遠く、結局そのままホイッスル。
5連敗で順位も17位に後退。
次は岡山との対戦だが、
このままいくと危険水域に突入しかねない。
何かしら手を打たないと・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...