J2 第18節 ロアッソ熊本VSザスパクサツ群馬

前節の金沢戦で5-2と、
7試合ぶりの勝利を大量5得点で挙げたロアッソ。
中3日で臨むはAWAYの群馬戦。
群馬といえば、FW平繁の古巣で、
そして昨年までロアッソにいたFW常盤がいる。
ここはひとつ、平繁の奮起に期待したい。

2016/06/12 J2
第18節第1日
【スタジアム】正田醤油スタジアム群馬
【入場者数】4,710人
【天候】曇 28.1℃ 46%
【主審】大坪博和
【副審】関谷 宣貴/細尾 基
【第4の審判員】川俣 秀
ザスパクサツ群馬10-01ロアッソ熊本
1-1




小林 竜樹●
52'
61'
74'
84'
90+2'
●黒木 晃平
□園田 拓也
□キム テヨン
□アンデルソン

序盤は一進一退。
前半を0-0で終え、迎えた後半。
SBに定着した黒木が2試合連続となる先制弾。
その後は押され気味の展開で終盤へ。
このまま逃げ切るかと思われた後半AT。
FKのロングフィードからゴール前で競った
群馬の小林にヘッドを決められまさかの同点。
そのままタイムアップで、無念のドロー。
土壇場で勝ち点2を失ってしまった。
平繁、嶋田と惜しいシュートの時間帯もあり、
そのうち1本でも決まっていればと思うが...

残念ながら連勝はならなかったが、
気持ちを切り替えるしかないだろう。
次の讃岐戦はベアスタでの開催。
監督をはじめロアッソ所縁の選手も多く、
何としても負けられないゾ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...