エルカミーノレアル 近況(6/22)

広尾TC唯一の出資馬、
レアルの近況。
看板馬マカハとともに、
小崎厩舎所属のレアル。
マカハがOPに上がるのが早いか、
レアルが準OPに上がるのが早いか・・・
エルカミーノレアル 16.06.22
UPHILL在厩。引き続き、おもに坂路にてハロン16~18秒ペースのキャンター1本を消化。週1回、15-15前後を乗り込まれています。
「小倉目標から逆算して、来週ぐらいからハロン13~14秒台を取り入れていくつもり。馬体に筋肉のメリハリがありますし、毛づやも良好ですよ。昔は坂路の止め際でハミを抜いて頭を下げ、急ブレーキをかけて乗り手を落とそうと悪さをすることもありましたが、今は全くそのようなことはなく、色々な面で古馬らしさを感じさせるようになっています。肉体的には大丈夫でも、レースが続くにつれて頭の中が一杯になってくるタイプなのかもしれませんので、このリフレッシュ放牧を機に、また勢いをつけていきたいところです」(木村マネージャー)
まだ目標は定まっていないが、
おそらく九州スポーツ杯からだろう。
一度はレアルの勝利に立会いたい。
それが今夏ならよいが...

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...