第148回ベルモントS、ラニは惜しい3着

アメリカの3冠戦線に遠征中のラニ(牡3、松永幹厩舎)は、
今朝、最終戦のベルモントSに挑み、
惜しい3着でレースを終えた。

Nyquistが無敗のKダービー馬となり、
2冠のかかったプリークネスS。
日本でもお馴染みのK・デザーモのExggeratorが
Nyquistを競り落として戴冠。
そして3冠目のベルモントS、
戦線離脱したNyquistに替わり、
変則2冠を目指すExeggeratorが1番人気。


リードポニーをつけず、
1頭だけポツンとゲートに向かう。
ゲートに難のあるラニは先入れ。
5分のスタートから道中は後方2番手。
バックストレッチから徐々に進出。
3コーナーからじりじり伸びたものの、
やはり序盤の位置取りが響き3着まで。
勝ったのはCreator。

プリークネスSの覇者Exaggeratorは着外。
3冠戦線を9→5→3で終えたラニ。
今後の動向が待たれる。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...