第91回 箱根駅伝

今年の箱根駅伝は、
まさかの青山学院大学の初優勝で幕を閉じた。
往路の5区までは、
前評判通り、駒澤のペース。
小田原で襷を受け取った、
駒大の馬場翔太。
そして、4区田村の区間新で、
2位に浮上した青学の5区は神野大地。
ここからドラマが待っていた。

馬場VS神野。
10km過ぎで先頭の馬場を捉えると、
後は引き離すのみ。
20kmを過ぎると3位の明大・文元にも抜かれ
駒大は3位に転落。
そして青学・神野は、
元東洋大の山の神柏原の記録を大幅に更新する、
区間新で往路優勝。
駒大は低体温症を発症した馬場くんが、
東洋大・五郎谷にも抜かれ 4位。


復路は、
青学が往路のリードを拡げそのまま独走。
このままでは終われない駒大。
6区の西澤が東洋の高橋を追う。
そして遂に小田原で駒大が3位に浮上。
追撃の手を緩めない駒大は、
7区で西山が、明大・末次を交わし2位に。
しかし青学の背中ははるか先へ。

結局、青学が創部初の総合優勝。
箱根史に新たな歴史が刻まれた。
そして駒大の2位も立派だし、
馬場の頑張りに応えた復路のメンバーもそう。
金栗四三杯(MVP)にも選ばれた
新・山の神神野に来年挑むのは誰か楽しみだ。

P.S
古豪の中大、順大、神大の不振は気になるな...

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...