エルカミーノレアル 近況(1/7)

レアルも今年で4歳。
昨年1勝も挙げられなかったことは、
倶楽部にとっても誤算だったに違いない。
今年こそは、
満を持してまずは1勝。
そしてOP入りを目指して欲しい。
では年明け1発目の近況を。
エルカミーノレアル 15.01.07
UPHILL在厩。坂路にておもにハロン16~17秒ペースのキャンター2本を乗り込まれています。
「現時点では体つきに余裕があり、飛び跳ねたり、集中力が続かない感じですが、これから徐々にピッチを上げていき、速めをやるようになれば、自然と走る方向にスイッチが入る馬ですから、特に心配はしていません。個人的に注目しているのは、右手前のストライドが小さくなりがちなところでしょうか。戦績にムラがあるのは、そこも影響しているのかも。強引に改善しようとしても他所へ余計な負担がかかり、それはそれで良くありませんので、まずは我慢が利くくらいの良いコンディションで送り出してあげることを心掛けたいと思います」(木村マネージャー)
ということで奇しくも、
アタックも3歳時に2連勝して以来、
1勝も挙げられずに障害へ転向するという苦い経験があるので、
何とか早いうちに勝ち上がって欲しい。
そうすれば倶楽部にも勢いがつくんじゃないかと思われ。
関西は京都開催が連続するので、
どっちで復帰してもOKかな。
中京や小倉は止めてね。お・願・い

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...