アタッキングゾーン 近況(1/15)

アタックは入厩することになり、
ようやく視界が開けてきた。
いよいよ障害デビューだ。
とは言え久しぶりのトレセンということで、
まずは慣れることが重要。
では今週の近況を。
アタッキングゾーン 15.01.15
美浦トレセン在厩。今朝は北のダートコース(右回り)にて調整されています。
「終い1ハロンだけ、サッと脚を伸ばすことも考えていましたが、馬場に入るとテンションが上がって汗だくになってしまい、内ラチに寄っていく格好に。したがって、今日のところは調整程度に留めておきました。どうやら坂路や障害コースなどの逃げ場の少ない状況のほうがスムーズに乗れますので、速めは改めて機会を設けたいと思います。障害については、ひとまず角馬場レベルの飛越であれば、問題なくこなしてくれていますよ」(篠原助手)
「腰の感じは夏よりも良くなっていますが、口向きに苦労する点は相変わらず。嫌がって右に行くことが多いようですが、もうこの年齢ですから、うまく付き合っていくほかありません。まずは余裕のある太めの馬体を引き締めていきたいと思います」(遠藤助手)
口向きねぇ~
この点を矯正するために、
外厩に置いたんじゃないの?
結局何も変わってないじゃん。
ラチを頼る走り方なら、
平地を走らせた方がよっぽどいいと思う。
とにかく頑張ってくれないと!

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...