ファンサカ Week27 & Week38 結果

いよいよJリーグも大詰め。
J2は最終戦を迎え、
中断明けのJ1も優勝が懸かる一番。
まずはそのJ1から。

注目は浦和がすんなり優勝できるかどうか。
ホームとは言え、
相手はナビスコ杯を制して勢いに乗るG大阪。
今回はガンバ有利と見て、
宇佐美&遠藤をチョイス。
その他は鳥栖、柏、名古屋からまんべんなく。
というわけでスタメンは以下の通り。


試合はというと、
やはりというか激戦になった首位攻防戦。
試合終盤まで両チームスコアレスだったが、
途中交代の2人が試合を決め
G大阪が2-0で勝利。
浦和の優勝に待ったをかけた。
その他は、名古屋、柏、鳥栖が勝利。
得点者は田鍋のみということで、
結果は92Fp。


惜しくも100Fpには届かなかったが、
十分健闘に値するだろう。
そしてバトルリーグ。


こちらは相手を圧倒し3連勝。
早くもSeason7勝ち越しを決めた。
残り2節を連勝できれば、
来季のLeague1復活も可能だろう。
さて、どうなるか...

そしてJ2は最終戦。
昇格プレイオフをかけた4つの椅子を巡る争いは、
まだ分からない。
ロアッソは、盟主アビスパ福岡との九州ダービー。
ここへきてアンデルソンの復帰が大きく、
スタメンは間違いないだろう。


試合はというと、
まさかのSB片山、中山がベンチスタート。
というわけで早くも微妙。
しかも先制点は、
なんとSB藏川、今季2点目が
最後の大一番に突き刺さる。
その後もO.Gなどで2-1で前半を折り返すと、
最後は今季FWの核として活躍した澤田がダメ押し点。
3-1で福岡を降し13位で今季を終えた。
結果はこの通り。


藏川をチョイスできなかったのが響き、
100Fpには至らず。
とはいえ、全クラブで300位なら誇れる成績だろう。
これで一足先にJ2ファンサカは終了。
やっとJ1に集中できそうだ。
次は鳥栖のアニキVS浦和だ。
ACLの出場権もかかるし、
こっちも目が離せない試合になりそうだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...