ロードグロワール 5回京都3日目6R 結果

まさかの1,200m戦でデビューすることになった
グロワール。
JKのC・ルメールで過剰人気とも思える。
しかも当日のパドックで見た馬体重は444kg。
まさかこんなに小さくなっているとは...
というのが、最初に思った感想だった。
さてレースは。


2014.11.15
ロードグロワールは、11月15日(土)京都6R・2歳新馬・芝1200mにC.ルメール騎手55kgで出走。5着でした。
・ルメール騎手 「あまりスタートは速くない・・・と厩舎スタッフから聞いていたものの、普通にはゲートを出てくれましたよ。ただ、ちょっとズブい感じで・・・。序盤から思うように進んで行かず、レースの流れに乗れませんでした。また、ステッキを入れたらヨレてしまい・・・。まだ全体的に幼い印象だけに、経験を重ねつつ・・・かも知れませんね」
・浅見調教助手 「調教での様子を踏まえればマズマスの結果かな・・・と。走破タイムは遅いですけとね。もう少し距離は延びた方が良いかも。あとは、もっと精神面が成長しないと・・・。ひとまず厩舎へ戻って具合を確認。その上で今後のプランを検討しましょう」
スタートは五分で。
テンから勝ち馬のアグネスユーリヤに続く
先行集団に付いていたものの、
徐々に中断まで下がってしまう。
4コーナーの出口でよれて、
うちの馬に接触しそうになるも、
そこから立て直して5着。
まあ、最低限の仕事はしたって感じ。
次はダートかもう少し距離を延ばしてどうかだろう。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...