アタッキングゾーン 近況(4/24)

前走6着で、
またも優先出走権を逃したアタック。
これではまたも狙ったレースには出れない。
あと一歩なのだが、
このあと一歩が平野JKでは
どうにも埋まらない溝なんだと思う。
というわけで、
一旦放牧も覚悟していたのだが-
【4月24日】
美浦トレセン在厩。レース後も異常はなく、北馬場で障害練習を交えながら調整されています。
「引き続き、平地と障害の両にらみで。その中のひとつの選択肢としては、中1週で5月4日(祝・日)新潟6R 500万下(ダ1200m)も視野に入れていきたいと思っています。優先権こそないものの、ここは若手騎手限定競走になりますので、先にジョッキーさえ押さえてしまえば、出走できる可能性があるかもしれません」(二ノ宮調教師)
「前回、牧場から戻ってきた段階で489kgでしたので、マイナス体重での出走になるのは当然の流れ。特に反動は見受けられませんし、一度叩いたことで良くなってくるのではないでしょうか」(佐々木助手)


在厩のまま、
新潟に向かうことが発表された。
若手騎手限定ということで、
斤量も減るし、これはいい選択かと。
できればノリJrが希望だが、
贅沢は言ってられない。
ただ障害との二刀流はいかがなものか・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...