ローガンベリー 3回中山8日目3R 結果

昨日、今日と、
別件で東京にいた。
時間があれば中山か広尾TCの事務所か、
どっか寄ってもいいかなーとも思ったけど、
10時の便で帰熊せねばならず今回は断念。
というわけでまずは中山3Rに出走したローガンベリーから。
【4月20日】
ゲートを五分に出て、道中は後ろから2~3頭目を追走。勝負所より内々を通って差を詰めにかかりましたが、直線で追い出されてから伸びを欠き、結果16着での入線となっています。
「スタート自体は悪くなく、勝負所で上がって行く際にはちゃんと沈み込むようなところもあったのですが、それが持続してくれなくて…。坂で止まった感じというよりも、距離がギリギリだったのかもしれません。それにまだ全体的に力がつききっておらず、緩いところを残していますので、その辺も影響したものと思われます。まだ今日が2戦目の馬ですから、レースを使いながら鍛えて、しっかりさせていきたいですね」(的場騎手)
◆一見するとダイナミックな走りにも映りますが、まだトモに緩さを残している分、推進力として伝わりきらず、走行フォームが力強くまとまってこない様子。ダートそのものを苦にする感じには見て取れませんでしたので、このあとは牧場で軽くリフレッシュを促しながら適度にレース間隔をあけ、次走は地方交流競走も選択肢に加えて態勢を整えていく予定です。引き続き実戦経験を積み重ねていく中で、前進を図っていきたいと考えます。(HTC)
残念ながら、牡牝混合戦ということもあったが、
勝ち馬から2秒1離された最下位。
体重こそ増えていたが、
やはり最後の坂が応えたのか。
輸送減りしないのであれば、
結果的に相手の落ちる福島が良かったかも・・・
とも思っても後の祭り。
ダートで変わってくれると思ったが、
この結果を受けてどうする?

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...