ロードの繁殖牝馬たち 2014

社台Gほどではないが、
2010頃からおよそ年1,2頭の割合で
積極的に欧米の繁殖牝馬を輸入しているロードTO。
今年度の募集にかかる馬もいると思うので、
ちょっと調べてみた。

-2010年-
インディアナギャル(父Intikhab)
Tattersalls November Saleで16万ギニーで購入。


12年産はディープインパクトの牡(募集額5200万)
13年産もディープインパクトの牡で、
14年産はダイワメジャーの予定。

-2011年-
キャサリンオブアラゴン(父Holy Roman Emperor)
ラングレー(サンデーR)の母、
ラヴズオンリーミーと5/8同血となる。
Tattersalls December Saleで30万ギニーで購入。


12年産はGalileoの牝(募集額2800万)
13年は残念ながら流産
14年産はハーツクライの予定。

もう1頭はSuisun(父Monsun)
こちら購買経路は不明。
12年産はHigh Chaparralの牡(募集額3800万)
13年産はSea the Starsの牝。

-2012年-
Wild Coco(父Shirocco)
仏のヴェルメイユ賞で、
後に凱旋門賞を勝つTreveの2着。
Tattersalls December Saleで98.5万ギニー(約1億5千万円)で購入。


15年産はFrankelの予定。

もう1頭はグラシャスギフト(父Giant's Causeway)
Keeneland November Saleで80万ドルで購入。


13年産はDistorted Humorの牡。
14年産はエンパイアメーカーの予定。

-2013年-
パーフェクトトリビュート(父Dubawi)
Tattersalls December Saleで34万ギニーで購入。


14年産はDansiliの予定。

もう1頭はウッドランドドリーム(父Charnwood Forest)
英・愛オークス、エリザベス女王杯2連覇、
香港C、愛チャンピオンSを勝った女傑、
Snow Fairyの母と言えば分かるか。
Keeneland November Saleは欠場したが、
庭先でケイアイファームが購入。


14年産はCape Blancoの予定。
15年産はロードカナロアの予定!

そして3頭目がスピニングワイルドキャット(父Hard Spun)
Fasig-Tipton December Saleで60万ドルで購入。


14年産はTapitの予定。

Suisun、Wild Coco、Perfect Tribute、Spinning Wildcatの4頭は、
日本に輸入してないので、
おそらく産駒を○外として走らせることになるかと。
今年は3か月未勝利のロードTOだけど、
今年の募集馬も良血揃い。
6月の展示会行きたいな~

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...