トロワフィーユ 近況(4/10)

4月に入っても、
夜はまだまだ寒い。
現にオレは風邪を引いて、
喉をやられてしまった。
馬は寒い方がいいというが、
果たしてどうだろう。
先週末はクラシックの桜花賞。
うちのトロフィは残念ながらデビューすらしていないが、
未勝利戦で勝ちあがれるのだろうか...
【4月10日】
ヒルサイドステーブル在厩。6日(土)の検温時に微熱があったため、大事を取って当日のみ小休止。それでも週明けには通常のメニューに戻し、今朝は坂路にて終い1F15秒ペースでフィニッシュしています。
「まだ弱いところを残しているサインでもありますが、この時季は寒暖の差が激しく(朝はマイナス、日中は16~17度まで気温が上がる日も)、本馬以外にも若馬や経験の少ない馬などは、ときおり体調を崩しかけることがあるんです。幸いなことに調教に支障がでるほどではありませんでしたので、厩舎にはこのまま帰厩の方向で調整を進めてもらっています」(岩崎担当)
いよいよ帰厩のゴーサイン。
まあ今更どんな結果になろうと受け入れるけど、
体質はね~
成長過程で分かる場合もあるが、
こればっかりは・・・
早くて5月の新潟開催かな。
牝馬限定戦があるので、
その辺だろうと思う。
まあじっくりとお願いしますよ

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...