ショウナンタレント'11 ザッツPOGに掲載

GWを挟んで、
競馬のPOG本が数多く出版される。
PaperOwnerGameとは、
単純に言うと、
仮想の馬主になって、
指名した馬の中からダービー馬を当てる
そんなゲームだ。

一口馬主の側面から見ると、
また違った側面がある。
要は自分の出資馬に対する、
客観的評価を見られるからだ。
(編集者の主観が入るのは止むを得ない)
そんな中、
今年も電子版が250円(紙版300円)と一番安い、
東スポのザッツPOGを購入してみた。


広尾TCの馬に限ってみると、
2頭がピックアップされてる。
小崎厩舎のショウナンタレント'11と、
角居厩舎のダブルネーム'11の2頭。
ちなみに前者は優駿4月号の
育成牧場別(吉澤ステーブル)注目馬79頭に取り上げられてる。


ドーンと大きく表示されているが、
母が重賞勝ち馬ということ以外、
別段触れられていない。
テキ(小崎師)のコメントもごく普通。
もう1頭、
ダブルネーム'11の方は、



ペガサス血統研の評価で3つ星評価というもの。
まあ超良血ではないので、
扱いはこんなもの。
そもそもクラブ自体がフォーカスされてない。
(なぜか大樹RCは別枠だが)
社台/サンデーの高額馬を持ってる御仁には、
こういう本もいいのかもしれないね~
最後に、現在発売されてるPOG本の中で、
こちら(丹下本)を紹介しとこう。

新馬戦の御伴に1冊どーぞ

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...