アタック & トロフィ 近況(9/27)

今週はスプリンターズS。
土曜日にアタックが出走するものと
思っていたが、
昨日は出走確定メールが来なかった。
と、言うことは...
公式HPで近況を見てみると、
【9月27日】
美浦トレセン在厩。今週9月29日(土)中山12R 500万下(ダ1200m)は除外必至のため、投票を自重。このあとは一旦牧場に移動して待機する予定になっています。
「先週とは異なり、今週の追い切りはモタれたり、外を向いたりと、あまり褒められる内容ではなかったですね。真っ直ぐ走らせようと手綱を引っ張ってはみたのですが、どうも良い時の感じではなくて…。右トモに電気針を行うなどしてケアを続けていますが、まだ奥底に疲れが残っているのか、手前の替え方もスムーズではありませんでした」(三浦助手)
「二場開催とはいえ、10節あいている馬が除外になったほど。もう少しレース間隔をあけないと順番が回ってこないようですし、それより何より、また口向きが悪くなってきたのが心配ですよね。まだ状態が万全ではないことがそうさせているのかもしれませんので、いずれにせよ、ひとまずは牧場で再矯正を施し、動向を見守っていきたいと思います」(三浦マネージャー)

- 調教時計 -
12.09.26 助手 美南D稍 5F 66.9 52.8 39.7 14.5 9 叩き一杯
12.09.23 助手 美南D重 53.8 39.0 12.3 6 馬なり余力
やはりというか、
除外必至で出馬投票すらしなかった模様。
優先出走権が取れなかった時点で、
こうなることは予想できただろうに...
まあ、トレセンでガス抜きできたのはよかったけど、
またも口向きが悪くなったというのが、
よく分からん。
年内にもう1走、
ないし2走が限度だな。
できれば年内に勝ち上がってくれれば...


一方、トロフィの方は、
栗東TCに入厩後、
順調に来ていた。
軽めしかやってなかったのが、
気にはなってたんだが・・・
【9月27日】
栗東トレセン在厩。本格的な調教を進めるには、まだ体力面が不足気味のため、近日中に一旦ヒルサイドステーブルに戻して、パワーアップを図る方向で検討しています。
「トレセンに入れて調教を始めてみましたが、まだ体力的に十分なところまで達しておらず、このまま進めていくのは馬に無理を強いる形になりそうですね。まあ、2歳のこの時期ですから、これも想定の範囲内。見た目にまだ体が大きくなりそうですし、印象としては成長途上なのかなと思います。水曜日は角馬場からウッドチップを半周、その後に坂路を一本上がり、ゲート練習を2本行うなど、あえて結構な強い負荷をかけましたので、この厳しい経験が今後の成長に結びついてくれるのではないでしょうか。素質的にいいものは持っている馬ですから、放牧先で基礎体力の強化と更なる成長を期待したいですね。これからの馬です、心配は要りません」(藤原英調教師)
やはり出た。
順調に来てただけに、
ショックがデカい。
たぶん年内にデビューできるかどうかだろう。
別にじっくりでも構わないけど、
ダメジャー産駒で勝ち味に遅いのもねー
ま、しょうがない。


エタンダールの菊花賞が終われば、
入れ替えで入れるかも?
デビュー戦如何では、
今年の出資も検討してたけど、
撤退ランプがぼんやりと...

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...