アタック & トロフィ 近況(9/20)

最近めっきり秋らしくなってきた。
エアコンもつけなくて眠れるし、
何より朝方はちょっと肌寒い。
このまま涼しいといいんだけど...

さて、最近は我が厩舎の2頭、
アタックとトロフィの近況が、
同日更新なので、
エントリーもまとめてしまおう。
【9月20日】
美浦トレセン在厩。来週の出走にむけて、順調に追い切りを消化しています。
「前走の疲れは癒えており、今朝の動きも及第点。行きたがるのをガッチリと抑え込んで、直線で手綱を放してあげる感じの稽古になりました。以前は口向きが悪く、首を傾けて走っていましたが、今は顔を前に向けて真っ直ぐ走ってくれます。この辺は進歩ですよね。牧場での矯正のおかげとウルトラエッグビットの効果かもしれません。レースは9月29日(土)中山12R 500万下(ダ1200m)、北村宏騎手で予定しています」(三浦助手)

- 調教時計 -
12.09.20 助手 美南D重 5F 69.1 52.8 38.9 13.2 8 馬なり余力
来週の最終レースを目標に、
美浦TCに戻ってきた。


予想外の早いお帰りでちょっとびっくり。
時計も出してるし順調そうだ。
一方トロフィは、
【9月20日】
栗東トレセン在厩。今朝はCウッドを半周した後、坂路にて普通キャンター1本の調整です。
「まだ入厩したばかりですからね。まずはじっくりと時間をかけて乗り込みを重ね、体力強化を図ってから、ゲート練習に着手する予定となっています。性格はとても素直。身のこなしに柔らかみがあって、乗り味もイイですよ」(田代助手)
こちらも栗東TCは初ということで、
まだ時計は出してない。


有力馬が多い藤原(英)厩舎だけに、
何より頓挫が怖い。
このまま×2・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...