天皇杯 1回戦 大津高校VSV・ファーレン長崎

先日、最後の沖縄県の代表が、
JFLのFC琉球に決まり、
いよいよ今日から第92回、
天皇杯の1回戦が始まった。
Jリーグのチームは、
J2は2回戦、J1は3回戦からと、
ともにシードされるため、
1回戦は主に都道府県代表と、
JFLのチームが対戦する。


今日は熊本県の代表大津高校と、
JFLシードのV・ファーレン長崎の対決。
大津といえば、
プリンスリーグ九州の一部で活躍中で、
U-18の日本代表のDF植田や、
FW豊川らを擁する古豪。
一方のV長崎は、
元ロアッソの選手も多くいるし、
来季J2昇格を狙うチーム。
どの程度やれるかがカギだろう。

2012/09/01 天皇杯
1回戦【6】
【スタジアム】熊本県民総合運動公園陸上競技場
【天候】晴 33.2℃ 46%
【入場者数】1,112人
【主審】塚田 健太
【副審】上田 隆生/上園 圭司
大津高校00-12V・ファーレン長崎
0-1
14’
30’
75’
●前田 悠佑
□マイケル・ジェームズ
●水永 翔馬

V長崎は、元ロアッソのばっさんこと、
DF河端がキャプテンで登場。
スタメンのMFの山本、岡村、中山の3人と、
ベンチのFW松橋まで含めると、
都合5人が元ロアッソ。
うーん、感慨深いものがあるな~
試合は終始押し気味で進め、
シュート26本を浴びせたV長崎が快勝。
やはり、地力では敵わないか・・・

まあ大津は残念だけど、
仇は来週ロアッソが・・・
ていうか相手はFC岐阜だけど。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...