金の切れ目が縁の切れ目

今週、村上ファンド元代表の村上世彰氏が証券取引法違反(インサイダー取引)で逮捕された。
遡ることその一週間前の5/30日、阪急HDは村上ファンドが保有する47%超の阪神電鉄株を対象とし、TOB(株式公開買い付け)に踏み切った。価格は1株930円。もちろん村上氏は当時応じる気はなかっただろう。
しかし先週末、"蟻の一穴"から事態は急展開する。ライブドア元幹部が東京地検の取調べに対し、ニッポン放送買収劇の指南役が村上氏であったことを暴露したのだ。
もちろん当時も黒幕の噂は流れていた。ただ、その時点ではあくまでも主犯はライブドアであり、村上氏は従犯と見られていた。ところが実際は、時間外取引を利用したこれら一連のシナリオを発案したのは彼自身だったのである。
5日、東京証券取引所で会見を開いた村上氏は、インサイダー疑惑を認めMACの代表取締役及び一切の役職から身を引き、TOBに応じる意向を述べたが逮捕は免れなかった。その結果、ニュースの発表以後、村上ファンドが保有する株式は一部を除き大幅下落。証券市場もその余波を受け、折からの下降基調もあり、ついに今日は日経平均株価が1万5000円を割ってしまった。
先日も述べたように、阪急HDとのTOB合戦という大一番の直前、村上氏は村上ファンドの拠点をシンガポールに移転させた。しかも繁華街に約11億円の高級マンションを購入していたと言われている。
現在実施中のTOBの期限は6/19日。情報のリークがなければ彼が応じたかとうかは分からないが、阪神株を売り抜けた後の彼のシナリオは、シンガポールというタックスヘイヴン(租税回避地)へ、キャピタルフライト(資本逃避)と描かれていたに違いない。
しかし行き先は奇しくも自分が教唆し利用したライブドア元幹部らと同じ小菅。虎を手なずけようとした代償は、あまりにも大きかった。

2 件のコメント :

  1. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    ひょっとすると村上氏はこの事を予想してシンガポールに拠点を移したのかも知れませんね。ひいては東証から手を引き4000億を元手に外資でと考えていたのかも。
    金儲けは悪くないけど、方法は悪かったですね。
    今にして思えば、星野さんが言ったとおり、天罰が下ったのでしょうか。
    でも、あの方は転んでただでは起きそうにないと思うのは私だけでしょうか…?。
    個人的には堀えもんとは違った方法でサクセスストーリーを歩んでいる彼を尊敬していたんですが。
    ところで、次の話題はW杯に決まりですね。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様です。
    そのようですよ。LDを嵌めて売り抜けた後、年明けにホリエモンがパクられてしまったので、それで国外脱出を図っていたようです。TBSと楽天ももしかして・・・だったら凄いだろうな~(三木谷はなさそうだけど)
    ただもう表立ってはできないでしょうね。信用がなくなっちゃったので。

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...